微熱デビュウ10年と1日目

  • 2014.11.26 Wednesday
  • 08:15
自称「油がのってきて」って、凄い言葉チョイスのアイドルだなオマエ
惜しい!そこは、37度2分が良かった!
って、宣伝かーい!


以上。出勤中の電車からの、Line感想記録

アレは微熱の激。ネツゲキ

  • 2010.03.05 Friday
  • 17:57

というわけで、鐘で吹っ飛ばされたダブルキャストの感想です。前半後半の日程考えりゃ違う話作ったり練習するのが難しいのはわかるがどうだろう?…まさかまさか!で、全く同じものだったけども。

いやー頑張ったよ
がんばったと思うよ、輝矢さん
あ、上からだよ
超上から目線だから、怒らんといてやって下さい。

確かにいつもの輝矢さんでしたが、えぇ、だからあれは、オリゲキありきの微熱版おまけ。ネツゲキですよ。

なるほど、こっちを特化するならこの人だよねってのがとにかく感想。そして遊びのアドリブだけはガツガツ入ってましたな。
オリゲキの作ってきた「空気感(←word by K-ZO)」とは全然別のあのノリ・空気。演劇とはやはり違う、別のもの。もっと軽い、自由にならざるを得ない、個人がアドリブで拾わないとどうしようもない、結果まとまって動く感じの、茶番ありきの笑いに特化してるのが後半。
前半の様ないわゆる今までのオリゲキが好きな人には「ふざけすぎ」とうつるかもしれないし、確かにちょっとふざけすぎではあると思う、だが大笑いは保障する。アドリブ合戦と飛ばし具合はさすがだと思う。
錦織純平ならではの場面転換や、言葉の掛け合い、空気の演出
そこに入る遊びが、輝矢さんだと違和感がない。

混沌として、ズレていっていく中で、節子とか出るのも演出なんだろうけど
龍信だと、真面目であるがゆえに悩んでる危うさがこちらに伝わるので、それだけおかしくなったという描写なのかもしれないけど、ちょっとだけ違和感があった。
ところがK-ZOだと全然違和感がない。怒って怒鳴り散らしてる本人すらも滑稽に見えておかしく感じるほど。ネコの狂也がいようが、節子がいようが、ママだかお父様だか分からなくなろうが、なんでもごちゃまぜでいい。

だから今回は、前半の龍信バージョンありきだと思う。
同じ話なのに、オチも同じなのに、マルチエンディングみたいな感じ。龍信版がベーシックエンド。輝矢さんのは、なんつうか毎回奇跡の産物みたいで、芝居は生ものだけど、そういうのと違う生っぽさ。
そんな感じでした。
捉え方は人それぞれで、観てる側でも様々だろうし、やってる側も色々だろうし、座長なりの定義もあるんだろうけど、今までオリゲキが作ってきたものとは別。そういう意味でオリゲキではないかな、つうかやっぱ、3人揃っちゃうと微熱だな、と思った。
客演なのかもしれないが、なんか、憶測だけど「出てやる」という態度な気がする。「ココは俺だろ?俺だろって、な、出しとけって」みたいな流れで出演が決まったような、そんな感じ。

見た側の感想よりも、山口さんブログから抜粋した座長の一言が全てを表してると思う。
純平に「どうだった?」と聞いたら、
やっぱり、あの人、狂ってる。。。

ですよねー。

言霊と微熱MENCHO

  • 2008.08.21 Thursday
  • 18:28
1つ前に続き。

単純だけど、いいこと言ってると、いいことが起きる
悪いこと言ってると、悪いことがおきる

本当だな、と、美原は思う。

じゃあ悪いことは見るな言うな、ってのとは違う。

1つのいいところだけを見て、もう1つの改善した方がいいところをみるなっていうんじゃない
改善とは違うな。
改善ってのは、どんな状況でも可能性があるから、この場合のいいの反対は、素直によくない、だな。
よくないところばっかりをみるんじゃなくて、よくないところはあったけど、確かにいいところもあった

そんな感じで、プラスプラスに繋げていく方が、いいことがおきやすいと思う。
いいほうに考えて感じてるから、やなことがあっても引き摺りにくいし。
マイナスのことが起きても、その事実を見つめた上で、よく見て、その隙間にある「確かにそうだけど、ここはこうだからいいじゃん!まだこんなにやれるぜ」ってのを考えていけるし。
「こうしたからこうなったけど、てことは、これをこうしたら、次はこっちになるかも!」って思うからつまり
明らかな失敗をした

てことは、失敗する方法を経験したんだから、次はそうならないようにすれば、失敗する可能性はとても減る

いいじゃん!
ってな具合で。


綾小路さんもやってたけど、なんていうか、究極のポジティヴシンキング
えぇそこ見るの?!みたいな。
自分もやります、大好きです
死にゃあしないよ
てんぷらよりいいじゃん!
生きてるだけで丸儲け
これらの言葉が本当にしっくりくる。

あと、リリー・フランキー氏が著書で書いていた
「私には何もない・・・」そんな内的コンプレックスで悩むな!キミにはある!乳首も乳輪もコーマンも!ありすぎてますよ!ありすぎてます!!

とか、本当にそうだよ。物言いは極端だけど
(気になった方はリリー・フランキー氏の女子の生きざまを買われることをオススメします)

ないと思ったらなくなるけど、あるじゃん!と思ったら、なんでもあるよ。
何でも持ってんだよ。今の自分で。

デビュー決定の衣装で甲冑着ろって言われてブーたれたら、プロデューサーから「「逆に考えて、目は見える!」って言われるのもそう。
いんだよ、逆でも何でも、プラスプラスでいけたら、その方が面白そうだもん。

言葉に魂を宿すのは自分。

人間、やろうと思えば、人の行動全部をいいことだと解釈できる
やろうと思えば、全部悪意で受け取ることも出来る

意識次第だと思う。
呪いと祝いの字が近いのも、あるよなぁなんか、っておもう。

自分でいいことばっかいって、信じてれば、いいこと起きると思う。
麻雀だって「どうせ当たらないだろうけど、リーチ」とか「こないだろうけどツモ切り」なんてやるより
「ぜってー来る!」「絶対引く!」って思ってやったほうが来るよ。
勿論、言葉だけに頼って、場も読まず河も見ず、ただ己の好き勝手打ってたらそうはいかないだろうけど。


やるべき努力をしたら、あとは楽天的でいいと思う。
実際に起きること、天災、そういうものに対しては備えないといかん
あと、己の努力で確実に確率を変えられるものね、試験とか。
最悪のことが起きて欲しくないから、想定して、そうならないように考える。
それはやるべき努力にはいってるもんね。

人間が一番言葉を使うのは、思想、そして対人関係だと思う。
己も、そんで、自分じゃない人、好きな人、家族とか、色んな人に、プラスのなんかをあげられたらいいなぁ。

一番気をつけなきゃいけないなって思うのは
相手のため」と思ってかける言葉。
それは、「相手のためを思った自分が言いたい言葉」になってないですか?
っていうところだなぁ。

せっかく口を開くなら、呪いにかけるより、祝いの波にぶち込んでやる方がいいよ。


しっかし、今日はこういう事が書きたくて、いろいろ考えてて、言葉に力を込めるで思い出したんだけど
タイトルにもある、微熱MENCHO

めんちょですね。
あんこうさんがトークショーで、微熱NENJIに続いてほざきやがったお言葉なんですけど

めんちょ、で浮かぶ言葉ありますか?
関東では顔(主に鼻)にできるおできの「メンチョ」あるいは「メンチョウ(面疔)」がメジャーでしょうか
ほかにも、ウルメイワシをメンチョって呼んだりしますね

でもね、美原の田舎でもある宮崎では

めんちょってのは、女性器をあらわすんですよね。


えぇ、しかも、あの人は、奄美出身で、鹿児島宮崎なんざ隣同士で、知らないわけないと思うんだよね。
あん時にあの人の頭をよぎったのは、こっちじゃないかなって、思うんだよね。

そうなると、なんかもう、仮にもオマエが所属して売りに出したユニットに、女性器イメージをつけるのか!
似合うけど、オマエどれだけ豪胆適当なんだよ!
っておもっちゃって、改めて大笑いしました。

ところで、今宵は長崎スキャンティですね。
長崎は今日も雨だった、が歌われるのかどうかも気になるところですが

長崎では、「ぼぼ」というご当地の言葉が有名。
昔、ボボ・ブラジルというプロレスラーが来た時には、名前は出せないわ、音は消されるわで大変だったみたい。
もちろん、特別な人気もあったようだけどもさ

ボボ・ブラジルから、未来世紀ブラジルを思い出して、更に、未来世紀ぶたじるを思い出してしまい、トン汁が食べたくなりました。

全部のつながりがわかった人は、私屋カヲルの話をしましょう。美原と。

微熱ぁんブログにかわりまして

  • 2008.07.22 Tuesday
  • 18:57
えー、KINGのことを書き始めたら止まらなくなって長くなって
長くなりすぎたので、分割!

ところで、微熱ブログがなくなったのはなぜですか

例の、お得意のそ知らぬ振りしてCOMINGSOONですか?

微熱にかわるブログができるとか。


・・・あ、すごいな、絶対無いだろうけど
あんこうブログとか出されたらどうしようか

週一でも月2でもいいけど、安藤家が交代で日々の生活をお知らせするの

美都子の今日の晩御飯とか
家計の愚痴とか


洋行のギターへの思い(ギター買いました!から始まって、上達具合をお届けするような内容で開始。で、できれば3回くらいで、そんな企画はなかったことにされるくらいが希望)とか
バイト先の嫌なやつやいい先輩の話とか


後は、御大あんこうさんが、何も考えずにキーボードに向かって、その場で思いついたことを打つだけのブログでいいよ

キャバレーにいってボラれたとか
はじめてせっくすに続き、今度ははじめてクンニとか
リアルすぎる!っていうかただのお前の過去だろ!?みたいなやつ

なんかそんな、どうでもいいことを思いつきでダラダラ書けばいいんじゃないか?

設定があってないような、最強のその場しのぎがあんこうさんの魅力でもあると思うので、更新したと思いきや半年放置とかでも余裕で待つね!
てゆかそれだったらいくらでも待つよ。

突撃、美原の興味心

  • 2008.06.20 Friday
  • 18:43
星グラ6月号物販は輝矢さんだったとか
OZMAさんに愛人発覚!とか

そういういろいろなアレコレよりも、美原が気になったこと。
ふと、思ってしまったこと。

あの人たち…
あの髪型…

ひとり、やってないな
見てないなぁ・・・


ん?何って?

タッチアップ氏
コレ(タッチアップ板Do氏・忘れちゃいけないがこの人がKINGです。)


コレ(MC KOREA)



てことは。

残る一人は・・・

と、仕●中にそんなことを考えてしまったが最後
「あぁいえにかえったら即効カラコピって黒くぬらなきゃ!」

と、実験してみたのがコチラです。



いそうなんだか、いなさそうなんだかッ!


ほんとは、オリゲキブロマイドのヤツでやろうと思ってたんですが、ついこないだまで本棚やら床やら、掃除を始めると、どこからともなく右手の側におっこっていた腱ちゃんが、こんな時に限って見つからなかったので、個人的に一番好きなプラ少からやってみました。

ほら、タッDoさんも眼鏡だし、コリアでなく、カベさんだったら、ヒゲという、オカッピング以外のポイントがあるから、これなら眼鏡ヒゲだし!と思ったんですけど。

なんだこら、いそうなんだか、いなそうなんだか。

ついでに、一番好きな北斗さんもやってみました。
が、もうなんか、マジックが勝手に滑っちゃったので、すごく髪の毛が膨らんでて

なんか、カベさんの呪いみたい。
カベさんの呪いだッ!

毎度こんなくだらないことやってますが、考え付いた時間帯とかはほんと、ナイショです

ショナイショナイ

仕事中じゃないよ
仕置中かもしれないじゃないか
仕舞中とか

し・・・し、あとほかにないか?


まぁそんな、最中の当て字を探してもしょうがないので、最後に、全員一気に遊んでみた愉快なやつを放置して撤収!!


ホワッツアップDANJI

セレブ音源発売希望

  • 2008.04.11 Friday
  • 01:49
ライブも決定したし、ほんと、ミニアルバムくらい出しませんか?

音源販売希望!
切実に!

オリゲキ終了時にいろんなとこで見聞きしたこの意見。
ライブ決定したら、またぞろ希望欲求がたかまりまっせ。

しかしオリゲキと言えば、微熱版鉄ハも使用されていたけど、あの微熱鉄ハはくいつきは少なかったのでしょうかね
販売してほしいよーみたいな

と、いいつつ
自分だってセレブアルバムとか言ってるし、旬と話題と楽曲の力
そういういろいろが重なって、ねぇ
てゆか、ユウキ様とか見ちゃうと、何故売っていないのか?とかしかおもわなかったもんなぁ

ところで微熱鉄ハで思い出しましたが、美原内最強微熱アレンジかまされた氣志團曲は、ダントツでピーターパンエクスプレスです
さよならDecemberも微熱版がスキですが、それはきっと、感謝祭の時にはまだまだレア気味だった、星屑さんメインステージでソロボーカル独占状態に脳味噌沸騰!ってのがヤバかったからってのも関係はしてますけども

ピーターパンなんて、今でもあのディズニーみたいなイントロで始まる司版が脳内スクリーンを独占です。

OZMAアレンジの曲は、夏に聞きたくなるようなサンバ風とかレゲエ風とか多いし悪くないけど
(アイシテルのアルバムアレンジもそうだな)
嫌いじゃないけど
本当に、嫌なんじゃなくて、ホホウ!と思うんだけど

美原は、あれよりも、もっと、男らしい方が好きだー
って時点で微熱版の話と矛盾してるかもしれないけど

なんていうか、あの、族のGIGでやってる、男だからこそ神々しく雄雄しく鳥肌立つほど感動させられる、あの声から始まるバージョンが、細胞震えるレベルで好きなので

なんか、色んなアレンジやるんなら、氣志團のカッコいいけど、収録されてない曲も聞かせてほしいなーとおもいます。

ご本人が作った、別物のアレンジを知っていると、やっぱどうしても、そっちがいいな、っておもっちまうよう。

そこに痺れる!?

  • 2008.04.11 Friday
  • 01:34
あこがれるゥ!

ってことで、奇妙な冒険に出たり出なかったりする人にはお馴染みのステキ文句からこんばんわ。
タイトルは、男闘塾が誇る演技力パワーを持つ各人に対する美原の気持ちです。

やーあこがれるね、痺れよるね!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!
って思うね

誰に対して?
いやもー男闘呼塾を支えてる人たちに!

というか、実を申しますと、この記事の内容自体はですね、1月に書いた部分がメインでして
なので、オリゲキメンバーへの感情が多めなんですが
まぁ、実際の所属などはズレるのでしょうが、オリゲキヤロワイヤル時期の感情メインということで、出演された方ごちゃ混ぜで参ります

春だしいろいろ書きたいしってことで、ヅラヅラ行きましょう。
また、本来はこの記事にロワパンのコメントなどを紹介しつつ書こうとも思っていたのですが、それは完全に時期を逃したので、もう感情だけで突っ走ります。



アドリブにこだわらず、人前に「キャラを作って出る場合」に必要な魅力の話。

アドリブの天才は、まぁご存知星屑さんですね
グダグダにしてるだけ、とも言いますが
グダグダでも許されるってのは、やはり才能だし

なんていうか、B級だけど、まとめきる力とでも言いますか
どこに出しても恥ずかしくない、天下一品の生まれついての芸人、ってレベルではないにしろ、最低限、「まぁまぁ」で納得できるレベルまでは動かせる。
場も雰囲気も、己も。
それだけのアドリブもキャラ力もあるので、キャラの造りこみやギャップを感じられない、実際の素と違和感のあんまなさそうなKINGさんは物足りないのですが、美原がこの人を話し出すとウゼェほど長いので、次で。


ご存知微熱DANJIリーダー、錦織純平
オリゲキのときにものっそい思いましたが、このお方は分かってますね
演技の、はらを分かってる
人が何かを見るときに、どこをどうすれば、どういうリアクションがくるか、分かってる
だからツッコミも、声の出し方も、キャラの演じ方も、その時々の言葉も、すごく面白い

緩急のつけ方と、咄嗟の判断がすごく美味い
アドリブとはまた違う
その場の流れを判断して、そこから動く力がすごくある
そう思います

分かってても、毎度毎度曲が流れ出してキャロットが偽善者に豹変するあたりの小芝居はビーフ独壇場だったからね
人人再演初日にコリアが「アドリブ弱いですからね」って言ってたけど、あんこうトークショーにおいて即興で「SPEED?のヴィジュアル担当してます」とか言えるあたり凄いと思いますよ

あと、ROYALE恵比寿で聞いた「タオルを持ってこーーい!」が忘れられません。
いい声のハリしてるよなー、あの人。


さて、恵比寿と言えば誕生日だった一条さん。
まだ数えるほどしか生で見ていませんが、アドリブは弱めだと思います。
キャラのつくりこみから派生した、その都度違うリアルな喋り方、くらいまでかな?と見ています。
今は、まだね。あんま見てないからね。

でも、誰よりも、かっこいい男の見せ方を分かってるなーと思います。
立ち方1つとっても、どう立てばいいのか、どう動けばいいのか分かっている
己を分かってる
そんな感じがします。
それはやはり、強いと思います
あと、昭和のハンサム風な雰囲気なので、なんか絶妙にどこかズレたかっこいい人みたいで、好きです。



後、12月のオリゲキに関していえば、さすが本職!と思わせてくれた舘さんが素晴らしかった。
言い回し、瞬時の切り替えし、拾い方、投げ方、全てが速い!そして的確!
キャラは絶対に崩れない!

役者という、演じるスキルを特化して鍛え上げているからこその、才能の光り方ですね

「まとめてヤケドするよーー!」(千秋楽夜、バラを持ち出したフユカイに対して)
とか
「ただでさえこれが危ないのよ」(千秋楽夜、腱ちゃんとの会話中に転びそうになった時)
とか
「なにこのグダグダの空気ーーー!!」(3日目夜、グラスを落としたフユカイ・ソレに続いて会話の止まったポテト達に対して)

は、完全に彼があの場を掌握してました。
そんだけじゃなく、ニカケン商店見てれば、ほんと思う
リンリンちゃんのまんまだもんな
ブレないキャラ、素晴らしいと思いました。



腱ちゃん
シゲル
北斗…
まぁ盛大に腱ちゃんの誕生日に北斗さんについて書いちゃいましたけども、北斗さんの誕生日は7月でしたからね、確か。
7月7日でした、よね、確か。
だから、混同しちゃあかんのですけども、彼はもう、なんでも出来ますからね、その力に酔ってしまい、書かずにおれませんでした。

彼のキャラ崩れのしなさっぷりといったらもう、アメリカ製のスーパーハードジェルくらいですね
強風警報でも、髪一本も揺らがないような力強さです
類だろうが、ニカケンだろうが、洋行だろうが、北斗だろうが最後まで素を出さないこの人は素晴らしいと思います。

いじられキャラのうざった感って、狙って出そうとすると陳腐になったり、違和感出たりすると思うし
もちろん、脈々と続けられて定着した「すぐ死ぬ不遇キャラ」という下地があればこそですが、キコちゃんやシゲルを見てると、この人本当にまじめで、しっかり演じるんだな、と思います
その場で何を言えば、面白いか、そして自分のキャラに合ってるか、というのも、造りこみが完璧に出来ていて揺らがないからこそ、だと思うし
オリゲキ黒ヒゲゾーンでスノーボードをからかわれた時の「(やったこと)あるもん!」のレスとか
まぁもう長いこといじめられっこハイウェイトゥヘル14歳をやられてますけど、望まれてるキャラを本当に崩さないってすごい
シナリオどおりのブレないキャラの造りこみが出来る人だと思います。
造りこんであるがゆえに、いきなり何かを振られてもキャラを壊すことなく、流れを止めることなく進めるんだろう。



キャラ作りって、すっと入れる人にはスムーズで当たり前なものだけど
役者や、演じる何かが当たり前になっていない限りは
キャラでのアドリブって、きかないと思う


・・・キャラが弱くてアドリブきかないっていうと、OZMAさん代表ですね


あれだけ脇を固めてもらっていればこそ、崩したりさらしたり、設定消したり(忘れたり?)できるんだろうな。

その脇を固める人がそばにいることって、あの人の魅力あってこそなんだろうな。

すげぇなぁ、OZMAさん。

そしてすごいよ、男闘呼塾

共通点は確かに2つだけ、だけど

  • 2008.02.21 Thursday
  • 07:45
先日西銀座ギフトゲートで発見。

ひとこと、ビックリしました。

ビックリ撮り。

え・・?ノーイメージでこんな似るもの?

いや、確かに共通点は2つだけだよ。
オカッパと、コリコリっていう名前だけだし。
服装だって、和物だし
過剰反応してるのは、分かってるんだけどね・・・

ところでこれを見た帰りに電車に乗ったら、コリアを5倍膨らませたくらいの、信頼と安心感を満載したすごいボリューミィなオカッピングヘアのオバサマが座席に座っていて、思わず拝みそうになりました。

よかった、あの時の自分唇乾いてなくって。

ああっ!お腹が痛いッッ!

  • 2008.02.12 Tuesday
  • 00:52
すごくおなかが痛い!なんだコレは!おなかが痛いんです!みてください!

と、オリゲキに降臨したストマックエイクジェントルマンに変身しかねないほどの腹痛に悩まされて、やっとこさ回復しました、美原です。

一つ前の記事に、ポンポンキモ〜イなどと書きましたが、そんなもんじゃない。今回の風邪はマジでヤバイ。
まぁ、ヤバくなかった安全な風邪が流行した年なんてありませんけども、いやいやいや、今回まずい。

木曜朝からありえない頭痛に悩まされ、服薬+睡眠過多で「よかった本格化する前になんとかなった!」とおもいきや、その日の昼まで全然平気だったのに、一気に上下水道直結!上から入れたものをそのまま真下に受け流して排出するような、ただの管になりました、自分が。
30分も落ち着いてられなかったですからね。トイレが恋人・便座が愛人ですよ、日本語変だけど。
そんな状態が16時間続きましたよ。こんなもんじゃ人間死なないだろうけど、これがずっと続いたら勘弁、簡便
いや別に簡易的な便とかそういうことじゃなくて。
と、どうでもいいことを考える余裕もない悪夢の一夜でした。

ほんとみなさん、身体には気をつけてくださいね。

というわけで、木曜日、錦織純平バースデーから風邪を引き、やっとなんとかなったワケです。前置きが長くてスイマセン。

お誕生日でしたねーロワイヤル仙台ではハッピーサプライズがあったらしいですね。
お祝いってのは、いいものですからね。

みんなの気持ちで、あったかく祝ってあげられたら良いですね。
ムチャブリとか、そういうんじゃなくって。

ところでお祝いと言うか、ちょうどこの誕生日の時期に、近所のマーケットでこんなものを見つけました。

オリゲキタイアップですか?

主役って堂々と言われちゃいました。
うん、良いと思う。ナイスタイミング!
有名なカレーなのかもしれないのですが、美原は知らなかったもので、マーケッツ内で携帯片手にニヤニヤしながらレトルトカレーを撮影する不審な人になりました。

そういえば昨年長崎に行った時は、セレブという名前のシャンプーが売ってて(ちょうどオリゲキ後の6月)
その時もタイムリーさにニヤニヤしました。
しかもセレブって、仮にもセレブリティから来てる言葉をつけているにも関わらず、特価で300円くらいだった。
庶民なセレブだね
(その後インターネッツで調べてみた参考HPがコチラ)

錦織さん誕生日記念という事で、関係のあるものを他にも書きます。
ROYALE、夜宴セット4000円のパンフからパチリとやりましたが、コレ
左下販売希望物品

あのう、左下のヤツ、マジで発売してくれませんか。
パケの微妙な色褪せ具合などが、絶妙にパチモン臭くて、ホンモノのメイドインコリア風で、欲しいです。

コリアンビートキャンプに入隊したいなぁ。
ダイナマイトボディへと生まれかわりカムサハムニダですよ、本当にもう。

まぁそんなね、よく分からないことを書いても申し訳ないですから、まとめましょう。


錦織純平さん、お誕生日おめでとうございます。
今年も、色々なキャラをつくり、演じ、魅せて下さい。

そして、死んでいないママの笑顔をまた魅せて下さい。

座長として、リーダーとして、No3として、昼も夜も忙しく働く永遠の15歳、原宿出身つや消しの肌の関西弁者。
錦織純平、最高やでぇ〜

ヒゲとアドリブと私〜オリゲキの話〜

  • 2008.01.19 Saturday
  • 12:12
ヒゲと言えば真壁さんですよね。
あのヒゲ見てると、どうもエジプシャンなイメージが沸きまして。
前にも言いましたけど
画像はイメージです
こういう格好も似合いそうだと思います。
あの髪型にあのヒゲ!
夜の街どころか、日本にいることに違和感抱きそうなほど異国情緒溢れてる気がします。

余談ですがエジプトでヒゲと言えば浮かぶのはツタンカーメン
あのあご部分のヒゲ
ヒゲの先が曲がっている場合は「死」を、まっすぐ伸びているのは「生」を表しています。
長さが長いほど髪を象徴しているらしいです。

真壁のひげとはズレたので本題へ。
真壁とヒゲとを離してみると、ぺーやんと黒ヒゲ、とも取れますな。

そう、あの黒ヒゲ!
あの黒ヒゲが、素晴らしいアイテムだったと思うのです。

舞台は、生き物、ナマモノ。
舞台上は何が起きるかわからない
偶然がどう作用するかわからない
その要素は確実にあると思うんです。

何が起こるかわからない。
舞台上では稽古してきたことしか出せないけど、咄嗟に何かをしなくちゃいけないことだって数え切れないほどある。
いざ幕が上がったら、見ている人が一人でもいたら、それは舞台。
だから、何よりも優先するべきは、舞台をすすめていくこと。
始まったら、最後に幕を下ろすまで、舞台からおりるまで、舞台を優先していかなくちゃいけない。

そうなってくると、一回一回が、いつも違うものでもあると思うのです。
どんな舞台でも、一言一句同じ、最初から最後まで同じテンションなんてコトは、ないと思うのですよ。

一人で造りこむ舞台で、毎回同じ完成度のものを提供できる人もいるけど
そういうものもあるのだろうけど

集団でやるものは、絶対に同じものがなくて、だからこそ、そこも魅力なんだと思う
ちょっとした言い回しや、軽いアドリブ
もしくはトラブル、アクシデント、そういうもの全てが、その時その時の魅力になると思う

つまり、アドリブって、最強の魅力になると思うんです。
大幅に変えたり、奇をてらうだけじゃダメだけど、その日のその時しか見られないもの、という限定されたアドリブ要素は、強い魅力があると思う。
更にそこにランダム要素の強い、毎回違う部分というものが入ると、楽しみってより大きくなると思う

だから、オリゲキの舞台の中に、ああいう遊び要素を取り入れると閃いた錦織さんは、やはり天才なのだと思います

最終日に伝説の紙の噛み神様が生まれただけあるよなぁ

recent comment

profile

カウンター

趣味嗜好

好きなツッコミ →村上信五・ミンチー 好きなジジイ →言う事聴かないでフリーダムなタイプ、毛は薄め 好きなBe-su →歌広場淳 好きなドラム →川西幸一 好きな男性の服装 → スーツ、袴、板前、白ラン 好きなポール →アメリカ人のポールと、イギリス人のポール(alleykatz) 好きな仁義 →広島死闘篇 好きな火星人 →火星田マチ子 好きな吉良上野介 →進藤英太郎 好きな原惣右衛門 →川谷拓三 好きなキャラランキング2015/1/27更新 (1)どりやん (2)suicaペンギン (3)バリィさん (4)ふなっしー (5)ナナナ 応援しているゆるキャラ→大スポキッド

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM