この羊羹に誓って

  • 2017.03.25 Saturday
  • 03:32

自分が好きな人から、褒められるのは嬉しい

 

具体的に言うと、私が「この人の文章好きだな、面白いな」と思ってる人から「おまえのかいたものはおもしろい」と言って貰えるのが本当に嬉しくて。そういう機会に出会うたびに、心の中で自分が小躍りしている。

 

自画自賛を、人前でやりすぎるのはよろしくないと思うけど、控えめでいれば人生全てのシーンが正解かって言うとそんなこともなく。

まして仕事じゃないのだから、私生活の中で、何事も適量であればいいと思うし。そのさじ加減だって、濃い目で行きたいなって時もあるから、都度判断していけばいいし。場合によっては判断すらいらないときもあるだろうけど

 

私は、自分で、自分の作り出したものの魅力を褒めるのは良いことだと思っている。

この思いが顕著になったのは、キリちゃんが以前「寝る前に自分の作った曲を聴いて、なんていい曲なんだ!と思う」という意味のことを言っていて。活字でなく、本人の声で聞いたと思ったから、鬼龍院翔のオールナイトニッポンだったと思うけど

その時、物凄く入ってきたんだ、感じた。

 

そうだよな、自分で作ったものって素直に面白いスゴい、って思って良いんだなと。

 

自分で書いたからこそ、10年前とかの自分の文章は「うわぁ荒削りー」「やめて、見てられないこの調子乗ってる感じ」「その鼻折りたいわ!」とも思うけど。まぁそれはそれで、もう。嘘偽りないそのときの自分だから、それでいいや

それと逆に、今読んでも「ほう」って思ったり、「バカだなコイツ!」「スゴいなオマエ」って吹き出したりもするので

そうおもえるのを大事にしていこうって思ったのと。「読みましたよ!」って言われるのが単純に物凄く嬉しいから。

 

みたものに対して抱いた感情や驚き、感動を、自分なりの言葉で刈り取って、その収穫を見せればいいと言う所に落ち着いたよ。

 

というわけで、先日、オリゲキの時にいただいたこの羊羹ですが。その時に一緒に頂いた言葉が凄く嬉しかったので、この羊羹に誓って

文章を書くという楽しい行為を、続けていくことを誓います。

この羊羹に誓う

 

JUGEMテーマ:日記・一般

原点回帰〜バカでいいや!〜

  • 2011.12.17 Saturday
  • 20:34
お久しぶりです。

祝10周年を迎え、127を迎え、ニューロティカから始まった対バンツアーもあと1つ。
やっぱこういうのはうまいよなーと思わせる、さすがのネーミングセンス
「おれがあいつであいつがおれで」を残すのみになりました。

色んな事があって、色んな事をして
色んな物を好きになって、今はやっぱり毎日とても楽しいけど

そんでもやっぱ
好きだからカッコよくいて欲しいと思った氣志團。

氣志團に対して、ずーっと思ってたことや
うーん、まぁ言うてもファンは受け皿だしな、という03年からずっとの己の感情を
やっぱり!嬉しい!ありがとう!という色んな気持ちが
今日ビシっとかたまって決まって感じたので

勝手な記念日です。
12月17日。

遅くなりましたけども、やっとこさMYWAYを買いまして
あ、まだ噂のカップリングは聞いてないですが。
んで、QuickJapanもかいまして

インタビュー読んで

待ってた
よかった
ありがとう!
つーか好きだ!

と思ったので。

説明すればいいんだけども、したところで美原一人の感情ですし。
思う事はたくさんあると思います。色んな方がいてそれぞれの感情があるものですので。
誤解など恐れず正直にいえば「どうなるのかなこの後」と思う時はたくさんありました。

でも、綾小路さんが考えていることを読んで、知って、なるほどと思えた、し
おもしろおじさんが胎動を始めてると、解き放たれるとなれば
やっぱそれ見たいし
好きですからね。例えキコちゃんからはにわか乙されようともね(美原は3年からなんで、たかだか8年モノKISSESなので)

それに、ひねくれても楽しくないしその気もないし
インタビュー位でそんな、信じてるの?きれいごとじゃん。みたいな事思うよりも

やっぱそこは昔からの性分なんで「表立って出してるキャラで、そのように言ってるなら、それがそのままその人の言葉でいいじゃない」と思うし。

男がそうだっつってんなら、それでいい。

裏も楽屋も素もいらないので

06年最後の氣志團LOCKSで「夏はどうしても俺のテンションが上がらなくてね」なんてことを総合プロデューサーの立場でいってしまうのなら、聞きたくなかったけど
氣志團があって、OZMAをやって、その上で今6人が最高だ、と思ってて
ずっと好きだった綾小路オモシロおじさんショーが幕を上げようとしてるなら、そらみたい。

自分のブログなので、過去をひたすらに懐古して熱望するだけなら書きたくなかった。
現状にぶつくさ言う「だけ」なら書かない。
マイナスダダ洩らしなんてのは、家で帳面に書いて引き出しに入れとくか、人と話して発散で終わりでいい。

自分が書いてて楽しいから書くところです。

心から面白いと思うから、好きだと思うから
すげぇ!って思ったから書くんだ

そうやってきたブログなので、今後ともそれで行こうと思います。
これからまた、ぼちぼちと頻度が上がると思います。

読んで下さる方がいましたら、心からありがとうございます。
どうぞ色々なものが許す限り楽しんで頂ければ、本当に幸せです。

たまに片手を繋ぎたい

  • 2009.02.26 Thursday
  • 21:34
珍しくイロコイについてなどを書いてみます。

美原の理想は、たまに片手を繋ぎあうこと。

自分を中心とした場合の人間関係の円があるとして
相手も同じ様に丸い円があるとして
それを全部ぴたっと重ねるのはいや。
重なる部分が多くて、互いのプライベートや各々の知らないところが三日月くらいになるのもいや。

共通の知合いも、付き合いが長くなればそれはそれで増えていくだろうけど
美原は、シャネルくらいの重なりでいいです

たまに片手を繋ぎあうくらい
両手を繋ぎあうのではなく、片手でいい
たまにでいい

お互いに普段はそれ以外の荷物持ってたり、友達や家族の手を繋いでたりするんだから

異性として、恋人として、他の人の違う手を繋ぎたいから片方の手をあけておくってんじゃなく
自分が自分らしく自分のことをするために、片手を開けておきたい。
いろんなものを持って触って感じてたいから

色んな人や物事を見てこそ、今手を繋いでる人がどれだけ自分にとって大事なのか分かる
と、思ってます。


昔は、彼氏と両手をぎゅっと繋いだまんま、他の何も変えたくなくてワガママばっかだったけど
それは、他の人・恋人以外の人に迷惑をかけるね
自分がやるべきことを、他人に丸投げしといて、挙句自分が持つべきその荷物を全部持ってきてっていって持たせっぱなしにすることになる

お前が向き合うべき人たちに、なんでずっとこっち向いてもらおうとしてるんだ!自分が向けよ!自分もちゃんと相手の人たち向けよ!と思いました。

紆余曲折を経て、辿り着いたのが、たまに片手、です。

ココ一番!って時にちゃんといて、手を繋いでくれたら、それでいい
美原にとっては、ココ一番を曝け出せる人が特別
特別な感情を持っているからこそ、他の人と同じにしたくない
だから、他では頑張れる

そう思うんです。

一緒にいる時に、ちゃんと向き合えるんなら、それ以外で見詰め合ってなきゃいけない必要もない。
見るのは横顔か、背中でいい。
だから、片手。

お互いに、自由に見られるものがあって、どこでもいけて、何でも触れるからこそ

今、この人と向かい合って目を見て触りたい!
って思われることに、思うことに価値を感じます。


といって、油断して
相手が己を好いてくれる感情に胡坐をかいちゃいけない
でもそれも、自由であればこそ、気を引き締めねば!と改めて再認識ができると言うもの。


束縛されて互いを見ることが強制になったら、いいとこも悪いとこもよく見えないかもしれない。
少し離れてみたら、なるほどこの器はこんな形で大きさで、ここは一色だと思ったけど、いろんな色が入って、キラキラしてんだなーと思えるけど

ずっと至近距離だと、全貌も分からなくなって、目の前の傷ばかり気になって
もしかしたらその傷があって味があるかもしれないのに、それを消しちゃうかもしれないし
もしくは、そんな細かいとこじゃなく、大きなとこを見たら上が欠けてたりしたがぐらぐらで、そこを修繕した方がよかったんだぜ!ってなるかもしれないし
あるいは容量もわからなくなって、気持ちの注ぎ方も間違うかもしれない。

魅力を、狭めてしまうし
狭く見えてくる。


だから、片手がいいです。

あ、いるわ。と思える片手。
ちょっと冷静に頭からつま先まで見て、ホホウ!と思える片手。

同じ方向を向いて歩きながら、ずっと繋いでいける片手。


それが、美原の理想です。

信じていれば大丈夫なこと

  • 2009.02.26 Thursday
  • 21:23
人を信じる

でもそれは結局、その人・相手との関係をどう作ってきたか
どう向き合ってきたか
それにより、自分の中に信じられるだけの確実なもの、証拠みたいなもの
信じる自信になるもの
それを作ってきたかどうか、だと思う

なので結局

人を信じるということは
自分を信じられるかどうか、になるんだろうなと思う

自分を信じられなければ、他人を信じられない

他人を信じられない人でいるのは、嫌なので、そうなりたくないから、努力をします
なんも難しいことではなく、極力嘘をつかないでいる
それだけのことだと思います。

もちろん、己に素直になることと、ワガママ放題するってのは違います
後者はただのガキ

相手に礼を、自分に礼を
素直に気持ちよくいるのが一番だと思います
辛いなら素直につらいと、嬉しいなら素直に嬉しいと
楽しいなら素直に楽しいと、感謝したら素直にありがとう、と

一緒にいて、笑っていたいというのが、自分の根っこにあるので
一緒にいるときは、笑っていたいです。

ワガママ放題も、キャラで許されるものとそうでないものがある
人間関係はシビアで不思議で理不尽で、でもやっぱり因果応報なので
キャラで許せちゃう人は、それだけの魅力があるからこそ
みんなが同じことやってうまくいくわけではない
当然。だからこそ、その不思議な変化を見て、考えて、つきあっていって、作っていくものだと思います

人を蹴っ飛ばしてきたら、やっぱりいずれ、今度は自分が蹴っ飛ばされるようなことが起きるんだと思います

好きな言葉に、殺す人間の世界は閉じる、というものがありますが
まさしくそうだと思う

実際に肉体を殺傷するとかでなく、人との関係を絶ってきたから、今その関係がなくなる
大事にしてこなかったから、大事にされなくなる
そういうものなんだと思います。



無条件に受け入れることではない
都合良くだまされ続けろってことでもない
見極めることはとても大事

でも、その上で、人に対して素直でいたいなぁと思います

人がいってくれた、言葉にもね

取り入れたほうがいいこともたくさんある。
素直に聞けば、それだけでいいこともたくさんある
そうじゃないこともたくさんある
だからこそ、特に、好きな人がいってくれた自分への言葉は、疑うことなくそのまま自分に取り込んでいきたいと思います。

なかなか難しいとは思うけども
自信がないと、素直に受け入れられないこともあるけれど

でもさ
誰かがくれた、自分への気持ち、言葉
そういう、好きな気持ちを疑わなくても
と、思います。
それが、好きな人からもらったものなら、なおさら。


思いはめぐりめぐるもの
世間はとても狭いもの

だからこそ、広く渡って行かなきゃ嘘だと思う。

そのために、色んな人と出会って、新しく何か作ったり続けていったりしたい
そのためには、信じること

自分を信じなければ、ってのもそうだし
ましてや、他人から自分を信じて欲しかったら、まず自分が先に信じないとね。

忙しくなるとつい忘れがちになるからこそ、こういうときに書いておこうと思いました。

国の法案

  • 2008.11.13 Thursday
  • 08:10
国の法案って、強くて大事なものだと思います。

全国民投票なんてのはリアルでないとしても、告知して、周知して、どんなことを決めるのか、ということを広めてから決めていくものだと思います。
それが建前だとしても、これを分かった風な顔で素通りしたら、それはもう国としての政策をなさなくなると思います。

国籍法改正案って、皆さん聞いたことありますか?
美原も昨日まで知りませんでした。
国籍法改正案まとめWIKI

かいつまむと
日本人男性に認知してもらうだけで、婚姻関係の無い外国人女性との間にできた子供に対しても、・・・ 本人たちがそうだと名乗れば誰にでも ・・・日本国籍を与えることができることになるというもの。

もっとわかりやすく言うと、どこの馬の骨だかわからない外国の子(20歳未満なら誰でもok)を、「これは俺の子だ」と、日本人男性が認知するだけでその子は日本国籍をゲット!!
極端な話、100人を「俺の子だ!」と言っても全く問題無し。
なぜなら
D N A 鑑 定 が 義 務 付 け さ れ て な い か ら 

いやいやいや、おかしいだろう。
悪用されないわけないだろう。
だから規制しろとか反対しろとかでなく、そこを見越して対応してから行動するものだろう。

DNA鑑定なしの、自己申告のみって、エセ平等に充ち溢れてて気持ち悪いです。
デリケートな問題、それはあるだろうけど、それでもやだよ、そこはしっかりしろよ。
だって、鑑定がなくて、自己申告である「認知」と「聞き取り調査」だけで国籍を認めるってことは、虚偽の申請を見抜く確実な方法が無いってことですよ。
イコール、実の子でない者を認知することは出来ないので、その場合の国籍申請は虚偽の申請になるはず!
なのに、実の子でないことを証明できる手段[DNA鑑定など]が義務付けられていない・・・ということは、結果として虚偽申請しほうだい。

というか、デリケートな問題ならなぜ余計はっきりさせない?
困るの?なんで?
こういうのはすべからく「不幸な子供を無くそう」みたいなテーマなんじゃないの?子ども自身もわかった方がいいケース、多いんじゃないの?
取得だけできればいいってもんじゃないんじゃないの?
どう見ても、取得だけできればいいぜ免罪符くれよ法案にしか見えないけど。

だってね、その「不幸な子供を無くそう」みたいなテーマもなにも伝わらないの。

おかしなことに、テレビも新聞も放送しないの。
えぇ、ネットですら昨日見かけたくらい。

なのにさ「14日の衆院法務委員会で審議に入り、今国会で成立する見通しとなった」・・・って
えぇぇ14日

明日じゃん。

なんでこんな、大きな力持つであろう法案が、告知もされないのですか?

告知されると困ることでもあるんですか?
反対されるからですか?

当り前だろう、反対するよ!!

だってこれ、極論書くとホームレスに金渡せて認知させて国籍ゲットだぜ!とかやり放題じゃん。
しかもこれ、虚偽申請しても20万円以下の罰金、懲役1年以下とかーなーり緩やかで、はっきり言って抑止効果は無きに等しいです。

ざっと見ただけで
・人身売買・児童買春などの悪質な犯罪に利用される可能性が高い。
・本来日本国籍を持つべきでない者に対してまで不用意に国籍を付与するため、治安の悪化、国防を脅かす恐れも大。(日本にはスパイ防止法が無い)
・真面目に収めてきた税金や年金を、不適当な者(偽装認知で国籍を取得した者とその家族など)の生活保護のために使われるのではないか、という懸念を残念ながら持たざるを得ない

マイナス要素ばかりなんですけど。

えぇぇおいおい、何増やしたいのこれ。
なんのために、河野太郎はこれを通したいの?

ここを話し合わないで、法案を通そうと急ぐのは何でですか?

しかも、衆院法務委員会のある14日。
総理大臣は日本不在だそうです

ねぇ、なんでこの大きな力を持つ法案を通す日に、総理がいないの?
なんでいない時にやるの?

なんで?いると困るの?

困るようなこと、なんでするの?

日本を「日本を愛する人のもの」っていうだけの、あたりまえで簡単な言葉を言うだけで、違和感を感じる気がするのはなんでだろう?

利用するだけの人は、日本を愛する人って言わないと思うよ。


「誰かがなんかするだろう」
「別に自分がやらなくても」
その考えでスルーはできません。怖くて。
国民の意思を伝えることって、些細でもだれにでもできることだし。

何もしないで憂いて文句だけを流すのは嫌だから。

メールより、紙という形で残るファックスの方が効果的だということで今日ファックスしてきます。
コチラ

何まじめにやってんの?そこまでしなくても
キモい、アブない。

そんでそのまま進んで

ほーら大丈夫だったじゃん、反応しすぎだよ!

ってなれば、杞憂で騒ぎすぎたーこいつぁうっかりだーで済むけどさ。


「なんでこんなことに・・・」
「日本は昔、女が一人でコンビニ行けたんだよ」ってなったら目も当てられないので。

やれることはちいさくてもやっておきます。

マカオへの感情。

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 23:11
行く以上は全力ですが、それは楽しむことへのスタンスであって、全てをかなぐり捨てて楽しむのが当然!なんてのは思わないです。
それぞれ、やんなきゃいけないこともあるし。
金もなくなったし。
だからこそ、それを乗り越えていけば、すんげぇものを魅せてくれるんだろう!と思っています。


当然外国ですから、ホテルなどハードな部分で『いわゆる日本の対応』は期待できないので、己で己の行動を考えておくべきだな、と思います。
夢見て、いいことだけ考えるのではなく、実際行った人の意見をきいておくべきだな、と。

楽しませてもらうのは、晩餐会とパーティーと、当たればファラオプショナルだけ。


例えばホテルの仕事部分
そのホテルに来る、他のお客さんのモラルだとかどうとか
そういうものは、こらもう、マカオって時点で
まだまだオープ1年目の迷走中もありえるホテルって段階で、ある程度考えておける。
予想できる。

ハワイほど観光地なれもしてない
くるのは、本土の中国の人が多い
そういう、土地柄お国柄に関わることは、誰もどうしようも出来ないんだから、自分でなんとか考えておかないとなぁ、と。
中国は嫌いな部分が大きいのですが、思ってることと体験することは違うし
行かないと分からないしね

ベネチアンはだだっ広くて、ゴージャスラグジュアリーだけの空間ではないってのも聞きましたが
雑多でチープなゴージャス感、っておもうと、それはそれでOZMAにぴったりなイメージだし

いいとこも悪いとこもあるのは、どこに旅行に行っても有り得るし。

何が起こるかわからないから
「こんなとこだとおもわなかった!ひどい!金返せ!」
っていうことも起こり得るかもしれないけど、それなりに出来上がってる部分はあるんだから、そっち考えて
「全部お任せで、うちらはなんもしなくても楽しくエスコートしてくれるんでしょ?」って考えてなきゃ、なんとかなるんじゃないかな、と思ってます。
(今までの不安は主に、オプショナルやパーティー以外の、素のマカオ部分)


ただ、1個だけ不安。
もともと、準備不足が見え隠れしているROYALE

「考えれば分かるじゃん!」と思わせた、集客に見合っていないドリンクサービスや、沖縄の時間押しなどなど、色々ある。

今回、海外。
オフ会とかではなく、巡業公演、と銘打つ今回の企画。
それを準備する土地が、海外。日本以外の土地である、今回。
ホテルスタッフとの打ち合わせと準備やなんやかや
予想もしてなかったトラブルが起こる可能性も高そうだし
予想つくだろ!なんで余裕みておかないの?っていうトラブルも多そう。

ただでさえ、やたらスピーディに決まって見せられるものと
いつまでそれやってんの?と思わせる告知不足が混在しているので
(行動力があるのに後手に回りやすい毎度お馴染みの男闘呼塾スタンス)

金を取って、やる以上、こっちは客。
どんなに垣根を取っ払っても、あちらが魅せると決めた晩餐会・ショータイム・オプショナル・パーティに関しては、あちらがホスト、こっちはゲスト。

それを、垣根を取っ払うって言葉でお茶濁して誤魔化さないで
きちんと作った上で、いい意味で、本当の意味で、客もホストもねぇよ!
ってやってほしいし、やってくれるでしょう。

「いいじゃーん、俺達も頑張ってんだよ、許してね」
なんてのは、やらないって思ってるからこそ、行くんですけどね。


あ、行くに当たり色んな方のブログなどを読んで(OZMAに関わらずマカオやベネチアンにいった方の意見などなど)
「もっと大人でシックで上品だと思ってたのに!」という意見も見聞きしましたが
そもそも本当の大人のゴージャスリゾートではなくOZMAイメージでマカオをとらえていたので
ベネチアン、ふぅんヴィーナスフォート+ディズニーシーみたいな感じか!
と考えてましたから全く問題ありません。
というかね

夢を魅せる舞台は、どこだっていいんだよ。
一番大事なものはつくりこみ。
ハードのつくりこみは、ホテルがやること

こっちが見るのは、ソフトのつくりこみ
ROYALEのつくりこみ
あとは、思うとすれば、ベネチアンを選んだOZMAの意思
(興行である以上金が絡むので、選んだってだけでもないのかもしれないけど)

各種サプライズは結構だけど、告知はするべきだと思うので。
知らないまんま、微妙に終わった、なんてことになったらやっぱり「ひでぇ!」って思うなぁ。
お金の問題だけじゃないけどさ、やっぱり高いもの、35万て。

「だいすきなあの人達と近づけるから安ぅ〜い」なんて美原は思わない。

夢を見に行くので
ROYALEメンツが、あんだけ自信ありまっせ!と豪語してるマカオがドンくらいすごいのかを見に行くので。

OZMAさんが言っている数々の宣伝文句。

「空前絶後のスケール感・抱腹絶倒のステージ
 驚愕のサプライズ・出会い・経験」
なるほど、期待しております。
OZMAさんを、ROYALEを見くびってなんかいません、これっぽっちも
それどころか、期待してるんです

「真夜中のバックパッカー」
どうしても夜とか裏とかなんだね
できるところ、とれるところを自分なりに追っかけてった結果なんだろうけどな。うん、期待してるよ。

だって、男が口から先に出したことってのは、失敗した上での全てを予測して覚悟した上でのことでしょう。
男に限らないけど。

期待してます。
めちゃくちゃ期待していきます。

そして、是非、24日成田で
「これで35万安かった!」と思わせて欲しい。


ところで最後にこんなん言うのもなんだけど
期待を裏切り、信頼は裏切らない
と、OZMAさんは言ってましたが、私はそれより、これがすき。

予想は裏切り、期待は裏切らない
漫画家板垣恵介氏の言葉ですが、これが好き。

期待を裏切って、何を魅せてくれるのか?
ROYALEの花火、楽しみにしてます。

マカオに行くに当たって

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 23:01
2006年は、手探り状態だったので、方向が定まらないままに氣志團やOZMAに関係のないことも書きました。
2007年は、ブログの方向性を考えて、氣志團やOZMAに関係のあることだけ書こうと思いました。できるだけね。
2008年は、それを踏まえて、今だからこそ、関係のないことでも、関連を考えて書いてみてもいいかな、と思っています。


国に関する思いを書くというのは、怖いです。
なんとなくだとしても、杞憂だとしても、怖い。
書いたことの一部だけを切り抜かれて、過剰な反応をされるかもしれない。
そもそも、その過剰も、書いた人間・読む人間で判断が異なるので、一概には言えない。

でも、本当に、何もいえない状況にされてからでは遅いので、言える時に言っておこうと思います。


MC KOREAというネタは好きです

韓国を、国としては好きではありません

マカオには行きます。

中国を、国としては好きではありません

今後もこの気持ちは変らないと思います。

どちらの国にも、評価するべき部分はあるのだと思います。
すごいと思う部分もあります。
でも、国としては好きではないです。

その国に行くのであれば、これは相当な覚悟を決めていくべき。
と、勝手に思ってます。
マカオは特別行政区だから、またちょっと違う所でもあると思うけど。
好きじゃないのにいくの!?
といわれたら、えぇそうです、としか答えられないな。
美原は韓国も中国も好きではないですから。

マカオにそこまでの思い入れも憧れもないけど、今回のROYALEは美原の国へのマイナス感情をふっ飛ばす位の魅力があったんです。

好きじゃないから、坊主憎けりゃ袈裟まで…で問答無用でシャットアウト!ってのは、したくありません
これは、国に関わらず、なんに対しても
何事に対しても。
あんま好きじゃな人に対しても、ね。

本当に合わない・嫌いな人でも、自分じゃない人から見たらすごくいい人かもしれないし
いいところはあるかもしれない
美原がそう思えないだけで、その人の魅力はある

かもしれない

それに

嫌だイヤだで物事を考えてると、ブサイクになるから、身も心も

己かよ、己がきれいになるかブサイクになるかで判断かよ!
って言われたら、素直にイエス
だって自分の感情に対してのことだもの。

聖人じゃないんだから、ムリに全ての人を愛さなくてもいい
そのかわり、ムリに嫌うこともない


そういうスタンスで、楽しめるところだけを楽しんでこようと思ってます。勿論、行く以上は全力で。

行くと決めた行動の下にある意思2

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 22:58
1つ前のは、行動の核。

もう一個は、旅行自体に関する思いと言う感じです。

ちょっと昔話入ります。

むかーしむかしですが
自分の有休使って、自分のお金使って、沖縄に行ったのです
(OZMAとか氣志團関係なく)
そん時に
大事な人から
「なんでわざわざ金使って俺から離れたところに行くの?」
と言われました

沖縄っていろんなことできるよねー、なにしにいくの?
じゃなく
「何しに(そんな遠いところにわざわざ)行くの?」
と。

あーもう、うちらは一緒じゃない方が、いいね。
お互い、心が楽になるね。
という、別れの決め手になりました。

「気をつけてね、いってらっしゃい」を言えないのなら、私と貴方で二人で一緒にいるのはお互いに辛いだけになるね、この先ね。

危険地帯にいくんでもない、借金したわけでもない
ズル休みしたわけでもない、友人と2人の旅行なのに

己の意思百パーだけを述べると
「えーなんで怒られてるの?」と思うし
待たれてる間中、旅行中ずっと、不機嫌な相手を気にして楽しめなくて
帰ってきても待ってるのは「こっちが悪いことをしてあっちが怒ってる構図のフユカイな時間」

じゃあ一緒に行くかッつったらそうでもなく
部屋にいる時は延々あっちはあっちの好きなことしてるだけ

うん、お互いイカン

ちなみにオーストラリアの話をした時も(それは行くとかではなく、昔こんなんあったのよ的な話でした)
「15万もドブにすてんの?」と言ってましたが

ドブに捨てたかどうかは楽しんできたやつの気持ち次第
行きたい人は何があっても行くんだし
モノにより、状況により、行くって決めるのはその人で
金出すのもその人なんだから、水を差すというより、悪態をつく、という言葉の方が似合うような言い方で文句言わなくてもなぁ


そういわせてしまうような関係を作ってきたのは美原と相手の何かが作用したんだから
そこは何も言わないし
実際不安にさせたのだろうしね

そしてまた今後は、あっちも、私でなければ、また違う付き合い方になるかもしれんし
一緒にどっかいくかもしれんし

付き合う形は、自分と相手によって変化するし
時間によっても変わると思うし


男の人の意見、というより、恋人としての意見もあるのかもしれないけどね
自分と一緒にいてほしいってのは

でもね

行きたいところ我慢して、部屋でずっと二人でいるのは、私は好きではないのです
(二人で部屋にいて待ったりするのは大事だし、だいすきです。それが出来なきゃ一緒にいられないだろうし)

女友達に嫉妬されるのも、ご勘弁ください、と思うのです。
(当然こっちも、相手がどんな友人とどこに行こうといってらっしゃーい、で終り)

最優先しあってないとダメ!ってのは、美原はしないです。
紆余曲折を経て、ガキンチョの頃にベッタベタの付き合いもした上で、今強く思う己の感情。

常に隣じゃなくていい
知らない部分があっていい
管理・束縛なんていらない
手綱や目隠ししなきゃ付き合えない関係もいらない

今だけは、という時に、他の人では代われない気持ちを与え合えれば、それでいい

それにね。
極稀にいるけど
こういうこと言う人いるけどもさ

俺だけ見てれば良いじゃん!」っていうなら
そらやっぱ、お前だけを見ちゃうよ!ってくらい何かがないと
持って生まれた何かか、動いている力か、なんでもいいけどさ

「俺の事ばっかり考えて、俺は他の事も考えるけど」ってのは、言えるだけの人が、言われたい相手に言うからいいもんであって

一人の人間の趣味や興味を、一人でカバーするなんて、かなりムリですよ

美原は、これはもういらない。
そういういろいろを感じて変化して己の思考に入れる事が出来たので、なるほどなぁ、と思いました。

長いな。
で、これの結論。

旅行は楽しんでいこう!
見送る時は無事を祈って、自分も好きなことして時間を過ごそう

信じてもらうのは嬉しいけど、一方的に待つのも待たせるのも、もういらない。

行くと決めた行動の下にある意思

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 22:54

何かを楽しめる、タイミング。
それはやっぱりとても、大事だと思う。

環境や己の体調、精神、人間関係
予算
etc,etc…

行こうと思ってもいけないことって、ある。

本当に恩師、と思える大好きな先生がいました。
大学時代なんてあとちょっとで社会人。だから、会おうと思えばいつでも会える。
もう大人だもーん、次は近況報告でのみに行きましょうねー
なんて思ってたんです

大学にいるのは知ってるし、それこそ行きゃ会えるって思ってたから

いつか、自分が堂々と自信を持ったら舞台を観に来てもらおう!と思ってたんです

そしたら、くも膜下で、亡くなってしまいました。

最後の会話が、いつで、どこで、何だったのかも分からないまま。

いつでも会えると思ってたら、もう会えなくなりました。

陳腐なストーリーみたいだけど、嘘じゃなく、本当に会えない。


先生の訃報を聞いた時に、もうしないと決めた。

「いつか・そのうち・今度」を、ずっと使い続ける事だけは、しない、と。

大好きな人と一緒にいたい、遊びたい、楽しみたい。

だから、チャンスだと思った、らココ一番!と思ったら妥協しないで全力で遊ぼう、と

そしてもう1つ。これは前から思ってたけど

約束を強制にはしない。絶対しないってのも、更に強くなった。

みんな自分以外の色んな事がたくさんあるんだから
当たり前にある生活を尊重しあって、その上で
遊べる時に無理なく
楽しめる時に一緒に
今を一緒に笑える人と、いたいなぁ、と。

離合集散は世の流れ
だからこそ、一緒にいたいと思える人と一緒にいられる努力をしたい。

それは、美原にとっては身内だけで固まる事ではなく、そして、強制する事でもない。

強制した瞬間から約束は義務に変り、楽しくなる可能性が灰色に濁ると思っています。

時分の好きな人だけー!苦手な人なんていらないもーん!とか
自分が中心なんだから、自分より目立つ人なんてきて欲しくなーい!
なんてのは、ちっちゃい子に任せておいて

今の年だから出来る事、会える人、作れる事を考えて
ムリに本当に会わない人と一緒にいろってんじゃなく

可能性を自ら限ったり区切ったりしないで、一緒に笑いたいな、と思う。

まぁ上記のような事は考えてないんですけどね。
なんだか本当に幸せだけど、自分の周りは、ビックリするくらい素敵な人がいて

かっこよかったり、やさしかったり、変らない笑顔だったり、あったかかったり
いてくれるだけ、笑うだけ、話すだけ、飲むだけ、それだけで最高で

なんでこんなにすごい人がいるんだろうって思うから
したら次はやはり、「だったら自分も一緒に!」って思います。

ちょっと脱線した。

ここ一番!って思ったら、行動するだろ!
ってのと
一緒に行きたい人がいるから、行こう!


それですね。

くわえたばこのブルース

  • 2008.08.06 Wednesday
  • 22:47
ホォーーーーーー!!

北斗の、くわえたばこっぷりに脳が揺れた。
すげいなあの人!
あら見てくださいます?
これ、「すげいな」ですって!
日本語も満足に打てなくなるなんて、どうしちゃったんでしょうね

いやいや、自分、ツボでして、くわえたばこが。
最近おかしなとこばっか同志の広野ゆうなが、「広野的グッとくるしぐさ。
という記事の中で書いていたけど。
その時はくらたま意見にゆうなイラストを添えて書いていたけど
(その詳細は見ていただくとして)

美原のツボは
煙草吸ってる時に、右手なり左手で、口元の煙草を支えてて
 こっちが何かを渡さなきゃいけなくなって、手を伸ばした時
 相手もそれを受け取ろうとして、煙草から手を離して、顎を上げ気味に銜え煙草になる瞬間

です。
ほんでこれ、自分にされる前提なので、物を渡すってなってますが
要は
煙草吸ってる途中に、手を離さなきゃいけなくなって、結果的に煙が顔を直撃しやすくなるので、顔をしかめ気味に銜え煙草になる瞬間
ってのが心臓をビキヴィキにするのです。

絶対譲れないポイントとして、(実際の性格に関わらず)真面目そうじゃない見た目の人、それも出来れば、なんかカタギっぽくないオーラの人が、じゃっかんめんどくさそうに(見える表情で)こっちを向いてくれないとダメってのがあるんですが。

どストライクすぎて、初めて見たとき、携帯を落っことしました。
北斗さーん、北斗さーん!
やっぱり貴方は、デコラインがしっかり見えているほうがカッコイイと思うの。
いえ、思います。
しかも黒いし。
服は夜系だし。

大変だオイ!

ところでPJを見ると、亀田次男あたりを思い出すのは美原だけでしょうか。
亀田家と同じサルから進化したっぽいなぁ、PJ。

recent comment

profile

カウンター

趣味嗜好

好きなツッコミ →村上信五・ミンチー 好きなジジイ →言う事聴かないでフリーダムなタイプ、毛は薄め 好きなBe-su →歌広場淳 好きなドラム →川西幸一 好きな男性の服装 → スーツ、袴、板前、白ラン 好きなポール →アメリカ人のポールと、イギリス人のポール(alleykatz) 好きな仁義 →広島死闘篇 好きな火星人 →火星田マチ子 好きな吉良上野介 →進藤英太郎 好きな原惣右衛門 →川谷拓三 好きなキャラランキング2015/1/27更新 (1)どりやん (2)suicaペンギン (3)バリィさん (4)ふなっしー (5)ナナナ 応援しているゆるキャラ→大スポキッド

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM